送電線作業用自走機 KM式架空線自走機(無線式)

送電線作業用自走機 KM式架空線自走機(無線式)

特長

小型・軽量
約490(W)×600(H)×250(D)mm
約本体15kg バッテリー10kg 全体25kg
送電線張替えの際、小型かつ軽量の為、作業性の向上を計れます。
無線式
専用のコントローラーを使用して始動のON・OFFを容易に行えます。
(手動・自動スイッチを切り替えて頂きますとコントローラーを使用せずに作動を行えます。)
バッテリー式
動力をバッテリーにしておりますので、作業前に充電を行って頂く事により作動中故障等により、
停止する心配が極力無いようになっております。
※容量 フル充電で無負荷時約50時間モーター駆動(実験値)
用途
吊全車工法に於いて既設電線ACSR120~610mm²(410mm²スリーブ)
上をパイロットロープ及び垂直2輪金車を、けん引しながら自走します。

仕様

モデル KM式架空線用 自走機(無線式)
地線または電力線の径 ACSR 120~610mm²
走行速度 0~25m/分
登はん角度 32度
水平引張力 350N(35kg)
過負荷スイッチタイマー 0~3分
駆動モータ 24V 100W
バッテリー シールドバッテリー 12Vx2個
外形寸法 250×490×600mm
質量 本体15kg バッテリー10kg 全体25kg