取扱商品
光通信機器
光ファイバ・光ケーブル
光コネクタ製品
光クロージャ/光成端箱/光接続箱
光通信用工具類
パッシブ製品
メタル/LANケーブル用機器&ツール
メディアコンバータ製品
ネットワークカメラ製品
ネットワーク・ビデオレコーダー製品
ネットワーク・スイッチ製品
機器レンタル
修理・校正サービス
各種お問い合わせ

AirCheck G2 無線テスター

AirCheck G2 無線テスター

AirCheck G2 無線テスター

AirCheck G2 を使用すると、問題の切り分けとトラブルシューティングを迅速、簡単、正確に行うことができるため、無線問題を素早く解決できます。AirCheck G2 は、無線のトラブルシューティングを簡素化します。

AirCheck G2 無線テスター概要

主な新機能

AirCheck G2 v2無線テスターの最新機能。

・パフォーマンステスト
 AirCheck G2からiPerfサーバーにiPerfテストを実行することで、ネットワーク上のスループットを迅速かつ簡単にテストできるようになりました。テストは、お客様がインストールしているiPerfサーバーまたはNETSCOUTの新しいテストアクセサリを使用して行うことができます。

・キャプティブポータルサポート
キャプティブポータルにより、Webログインや同意が必要なゲストWi-FiネットワークもAirCheck G2を使って簡単に検証できます。ユーザーは、キャプティブポータルサイト上の利用規約をクリックするか、フォームに基本情報を入力するだけで、アクセスすることが可能になりました。

・認可クラス
AirCheck G1で人気のあった機能の1つがAirCheck G2で利用可能になりました。ユーザーは、APを認可済み、未承認、近隣、またはFlagg (フラグ)として区別し、マークすることができます。

・干渉源の検出と分類
ハードウエアの変更無しに、AirCheck G2で電子レンジや無線カメラなどの干渉源を検出、分類することが可能となりました。

その他の拡張機能:チャネルの重複、サポート通信レートと基本通信レート、パケットキャプチャ機能など、細かな点についても拡張されています。

タッチスクリーン・ディスプレイ

  • AirCheck G2 無線テスターは、5 インチの応答タッチスクリーン・ディスプレイを採用しています。ホーム画面では、簡単なナビゲーションで以下の項目にドリルダウンできます。
  • ・ネットワーク
    ・アクセス・ポイント
    ・チャネル
    ・クライアント
    ・オートテスト
    ・イーサネット・テスト
AirCheck G2 タッチスクリーン・ディスプレイ

自動テスト

以下の 5 つの重要な Wi-Fi テストと無線環境の合否判定を行い、あらゆるレベルの技術者の専門知識に対応したよくある問題を特定します。

  • 802.11 使用率
    – 帯域ごと(2.4 GHz および 5 GHz)に、Wi-Fi トラフィックの使用率が最も高い802.11チャンネルのトップ 3 を報告します。

  • 以外の使用率
    –帯域ごと(2.4 GHz および 5 GHz)に、802.11 以外の使用率が最も高いチャンネルのトップ 3 を報告します。これは、干渉源の存在および高いノイズ・レベルを示します。

  • 同一チャンネル干渉
    –帯域ごと(2.4 GHz および 5 GHz)に、同じチャンネルで最小信号レベルのしきい値を超える AP 数が最も多いチャンネルのトップ 3 を報告します。プライマリおよび各セカンダリ・チャンネル上の AP 数をカウントすることで、5-GHz 帯の 40-MHz および 80-MHz チャンネルを対象とします。同一チャンネル干渉の影響を受ける AP の一覧を表示します。

  • 隣接チャンネル干渉
    – 2.4 GHz 帯で隣接チャンネル干渉の影響を受ける可能性がある AP が存在するチャンネルのトップ 3 を報告します。少なくとも 1 つの AP が発見されるチャンネルごとに、テスターはそのチャンネルとオーバーラップする他のチャンネルの AP 数をカウントします。2.4-GHz 帯の 20-MHz および 40-MHz チャンネルを対象とします。隣接チャンネル干渉の影響を受ける AP の一覧を表示します。

  • ネットワーク品質
    –受信範囲、干渉、セキュリティ、特定ネットワークへの接続性のほか、DHCP などの重要なネットワーク・サービスの利用可能性、および特定のネットワーク・ターゲットへの接続性を検証します。


クラウド・ベースの結果管理

Link-Live (リンクライブ) クラウド・サービス
AirCheck G2 を Link-Live クラウド・サービスに接続すると、ネットワークの接続性に関する基本的なテスト結果がダッシュボードに自動的にアップロードされ、プロジェクトの管理とレポートの作成を行えます。このインターネット・ホスト・サービスは、インターネットに接続されたデバイスのブラウザを使用して、いつでもどこからでも利用できます。この機能は、テスト結果を即座に確認する必要のあるリモート・チームのマネージャーにとって、特に便利です。さらに、LinkSprinter または LinkRunner など、AirCheck G2 の有線付属機器を使用するチームは、単一のダッシュボードでネットワーク接続性テストの結果を管理できます。

AirCheck G2 Manager ソフトウェア
AirCheck G2 Manager ソフトウェアを使用することで、 AirCheck G2 プロファイルを管理し、保存されたテスト結果の詳細情報を表示できます。AirMagnet Manager は、Link-Live クラウド・サービスから無料でコンピューターにダウンロードできます。

プロファイル

プロファイル機能を使用して、AirCheck G2(またはすべての AirCheck 製品)の使用を簡単に構成、管理、制御できます。プロファイル機能では、セキュリティ設定、自動テストの範囲、接続性を確認する対象デバイスを指定できます。各設備の必要性に応じて、複数のプロファイルに名前を付けて AirCheck G2 に転送できます。プロファイルはパスワードで保護されているため、AirCheck G2 が紛失したり、盗難にあった場合でも、ネットワークに不正にアクセスされる心配はありません。

セッションの記録

保存されたセッション・ファイルを表示して、ネットワーク、アクセス・ポイント、チャネル、クライアントについての詳細情報を AirCheck G2 Manager で簡単に確認できます。セッション・ファイルには、AirCheck G2 の構成、オートテストの結果、AP/クライアントのリスト、チャネル使用率などの詳細が取り込まれます。

 

ネットワーク

ネットワーク内に存在するすべての AP を素早く表示し、AP ごとの信号レベル、信号対雑音比、セキュリティの種類、アクセス・ポイント数などの重要なパラメータを確認できます。セキュリティの種類の混在、狭い信号の受信範囲、セカンダリ AP の欠如などのよくある問題を発見できます。

いずれのパラメータでも並べ替えや絞り込みできます。ネットワークを深く掘り下げて、サポートされる 802.11 の種類、接続クライアント数、チャンネルなどの詳細を確認できます。ネットワークの詳細ページで、ネットワーク上の AP や クライアントの一覧をドリルダウンできます。

アクセス・ポイント

環境内に存在するすべての AP を素早く表示し、AP ごとの信号レベル、信号対雑音比、セキュリティの種類、チャンネルなどの重要なパラメータを確認できます。セキュリティの種類の間違い、狭い信号の受信範囲、チャンネルの間違いなどのよくある問題を発見できます。

いずれのパラメータでも並べ替えや絞り込みできます。AP を深く掘り下げて、認証レベルを設定したり、接続クライアント数、サポートされる速度、802.11n および 802.11ac への対応能力などの詳細を確認できます。AP の詳細ページで、接続クライント数や AP が動作するチャンネルをドリルダウンして、チャンネルの使用率や同一チャンネル干渉の問題を確認できます。

ネットワーク接続テスト

接続ボタンをワンタッチで、ネットワーク(SSID)または AP に接続して、ネットワークの利用可能性や重要なサービスへのアクセスを検証できます。主なテスト・ステップは、次の通りです。

  • AP との関連付け
  • DHCP サーバーに IP アドレスを要求して受け取る
  • デフォルト・ゲートウェイと DNS サーバーに Ping する
  • 最大 10 のネットワーク・ターゲットに対して、ping または TCP ポートのテストをする
  • 継続的な信号レベル、信号対雑音比、再試行回数を測定する

ネットワークに接続すると、ローミング・テストを行って、ネットワークでローミングが有効になっていることを確認したり、iPerf パフォーマンス・テストを実行して、ネットワークのスループット能力を検証できます。

チャネル使用状況と干渉

チャンネルが 802.11 Wi-Fi トラフィックを過剰に使用しているか、また Wi-Fi 以外の干渉やノイズが存在するかどうかを素早く特定できます。干渉を引き起こす可能性がある装置としては、電子レンジ、無線ゲーム・コントローラー、BlueTooth® 機器、Zigbee 機器、無線ビデオ・カメラなどがあります。テストをさらに深く掘り下げて、選択したチャネルおよびそのチャネルを使用しているアクセス・ポイントやクライアントの過去 60 秒間における Wi-Fi トラフィックと干渉の水準を確認できます。

有線イーサネット・テスト

アクセス・ポイントは、ネットワークへの有効なバックホール接続が必要であり、AirCheck G2 に搭載されるイーサネット・テストはそれを検証します。

  • パワー・オーバー・イーサネット (PoE)、スイッチまでのリンク、DHCP、ゲートウェイ、およびインターネット接続性の診断とテスト
  • マネージド・スイッチの VLAN、スイッチ名、およびポート情報を、CDP/LLDP/EDP 経由で取得
  • Link-Live クラウド・サービスにレポートを自動作成
  • 詳細なテスト結果を電子メールアドレスに直接送信

クライアントの詳細

リアルタイムな信号レベル・メーターと経時的なグラフを利用して、不正 AP や未許可のクライアントを追跡できます。可聴表示機能も備え、USB ヘッドセットで音声を聴くこともできます。

多言語サポート

AirCheck は、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語を含む複数の言語に完全対応しています。多言語サポートがカバーしているのは、AirCheck のユーザー・インターフェース、入門ガイド、ユーザー・マニュアル、およびサポートしている AirCheck Manager ソフトウェア、ヘルプ・ファイル、ユーザー・レポートです。

AirCheck G2-TA-KT 製品構成 (例)

AirCheck G2 Wi-Fi 無線LANテスター 

モデル名およびアクセサリー

 
モデル名
製品名 詳細
AIRCHECK G2 AIRCHECK G2 無線テスター。ソフト・ケース、AC 充電器、USB ケーブル、クイック・スタートガイド。写真参照

AIRCHECKG2-TA-KT AIRCHECK-G2-KIT、AIRCHECK-G2、EXT-ANT-RPSMA、自動車用充電器、ホルスター。テスト・アクセサリー、小型ソフト・ケース、AC 充電器、USB ケーブル、クイック・スタートガイド、外部指向性アンテナ、ホルスター、自動車用充電器を含みます。写真参照

AIRCHECK-G2-1YS AIRCHECK-G2 の 1 年間ゴールド・ツール・サポート
AIRCHECK-G2-3YS AIRCHECK-G2 の 3 年間ゴールド・ツール・サポート
AIRCHECKG2-TA-KT-1YS AIRCHECKG2-TA-KT の 1 年間ゴールド・ツール・サポート
AIRCHECKG2-TA-KT-3YS AIRCHECKG2-TA-KT の 3 年間ゴールド・ツール・サポート
 
アクセサリー
製品名 詳細
TEST-ACC AirCheck G2 用テスト・アクセサリー。AirCheck G2 と一緒に使用すると、iPerf サーバーの役割を果たします。写真参照
TEST-ACC-10PK AirCheck G2 用10つのテスト・アクセサリー。AirCheck G2 と一緒に使用すると、iPerf サーバーの役割を果たします。写真参照
TEST-ACC-5PK AirCheck G2 用5つのテスト・アクセサリー。AirCheck G2 と一緒に使用すると、iPerf サーバーの役割を果たします。写真参照
ACKG2-HOLSTER AIRCHECK G2 ホルスター

写真参照

ACKG2-WBP-LION AIRCHECK G2 リチウム・イオン交換バッテリー

写真参照

EXT-ANT-RPSMA 外部指向性アンテナ、RSMA コネクター

写真参照

PWR-CHARGER AC 充電器の交換品

写真参照

SOFTCASE-G2 ソフトケース

写真参照

MS-AUTO-CHG 自動車シガーライター用充電器 写真参照

仕様

環境仕様
         
環境仕様

作動温度

 

0ºC ~ +45ºC
注記:バッテリーは、テスターの内部温度が 50℃ (122ºF) を超えると充電できません。

稼動時相対湿度(%RH 結露なし)

    

90%(50ºF~95ºF、10ºC ~ 35ºC)
75%(95ºF~113ºF、35ºC ~ 45ºC)

保管温度

   

-20ºC ~ +60ºC

   
衝撃および振動

1 m の落下試験、ランダム、3.8 grms、5 Hz ~ 500 Hz(クラス 2)

安全性

IEC 61010-1:汚染度 2

高度

4,000 m;保管:12,000 m

EMC

IEC 61326-1:基本的な電磁環境。CISPR 11:グループ 1、クラス A

認定および適合
関連する欧州連合指令に適合

関連するオーストラリアの安全および EMC 規格に適合。

CSA グループから北米安全規格の認定を取得。

米連邦通信委員会の 47 CFR パート 15 の要件に準拠。

国家電気通信庁 (Anatel) から認定を取得。

関連する韓国の EMC 規格に適合。

認定および適合

韓国の EMC 規格に関する補足情報

電磁環境適合性。韓国での使用にのみ適用。クラス A 機器(放送および通信用工業機器)[1]

[1] 販売者またはユーザーは、本製品が工業(クラス A)電磁波機器の要件を満たしていることにご留意ください。本機器はビジネス環境での使用を意図しており、ご家庭での使用には適していません。

一般
寸法

9.7 cm x 19.6 cm x 4.1 cm (3.8 in x 7.7 in x 1.6 in)

重量

0.51 kg(18 オンス)

バッテリー

充電式リチウムイオン・バッテリー・パック(3.6 V、6 Ah、21 Wh)

バッテリー使用時間

平均的な電池寿命は 4.5 時間。平均的な充電時間は 7 時間。

外部 AC アダプタ / 充電器

AC 入力 85 ~ 264 Vac 47 ~ 63 Hz 入力電力 DC 出力 15 Vdc (2 A)

ディスプレイ

静電容量方式のタッチスクリーンの 5.0 インチ・カラー LCD(480 x 800 ピクセル)

キーパッド

弾性キー 1 個(電源のみ)

ホスト・インターフェース

マイクロ USB タイプ B ポート 1 個

補助インターフェース

USB 2.0 タイプ A ポート 2 個

無線アンテナ 内部 3 個
外付けアンテナ・ポート 入力のみ。逆極性 SMA コネクター。
 
ワイヤレス
ワイヤレス詳細
適合仕様

IEEE 802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、802.11ac

Wi-Fi 接続

802.11a, 802.11b, 802.11g, 802.11n, 802.11ac

動作周波数
注記:これは、AirCheck G2 テスターがサポートするチャネルの中心周波数です。

受信されるチャネルの周波数

注記:テスターは各国で以下のすべての周波数を受信します。

2.4 GHz 帯域:2.412 ~ 2.484 GHz(チャネル 1 ~ チャネル 14)
5 GHz 帯域:5.170 ~ 5.320 GHz、5.500 ~ 5.700 GHz、5.745 ~ 5.825 GHz(チャネル
34、36、38、40、42、44、46、48、52、56、60、100、104、108、112、116、120、124、128、132、
136、140、149、153、157、161、165)

チャネルの送信周波数:

注記:テスターは、使用する国で許可されている周波数でのみ送信します。

2.4 GHz 帯域
802.11b:2.412 ~ 2.484 GHz(チャネル 1 ~ チャネル 14)
802.11g/n 20 MHz BW (HT20):2.412 ~ 2.472 GHz(チャネル 1 ~ チャネル 13)
802.11n 40 MHz BW (HT40):2.422 ~ 2.462 GHz(すべての合法な結合チャネルのペアの組み合わせを含みます)