読み込み中...

取扱い製品&サービス

OTDR(アクセスマスタ)MT9082

[メーカー] アンリツ
販売取扱製品 レンタル可能製品

概要 仕様

概要

特長

小型筐体に多彩な測定機能を結集
現場でのさまざまな測定要求に対応します
 

                                              img-features01.jpg

 

  1. 光パワーメータオプション
    パワーメータには3つのタイプがあります。
    ハイパワーセンサオプションを付けた場合、最大+30dBmまでの測定ができます。
  2. 可視光源オプション
    目視による光ファイバの心線対照や障害位置の確認に使用します。光パルス試験と同時に使用できます。
  3. 光パルス試験/光源用ポート
    用途に合わせ、さまざまな波長をそろえています。
  4. A:USB接続ポート
    USBメモリやファイバスコープを接続できます。リモートGUI制御時のUSB-Ether変換ポートとしても使用します。
    B:USBケーブル接続ポート
    内部メモリに外部PCからアクセスできます。PC上への画面出力ポートとしても使用します。
  5. メニュー
    光パルス試験、OLTS、可視光源機能など、さまざまな測定機能の中から、状況に合わせた機能を選択します。
  6.  7インチTFTカラーワイドLCD
    LEDバックライトを採用し、大きな画面、大きな文字で情報を表示します。屋内・屋外の使用に適しています。
  7. 小型・軽量
    1.9kgの小型筐体です(バッテリー込み、プロテクタ除く)。
  8.  ロータリエンコーダ
    光パルス試験での測定波形のカーソル移動やパラメータの設定が容易です。
  9.  矢印キー
    測定項目の選択、設定に使用します。
  10. 測定開始ボタン
    測定を開始します。
  11. ファンクションキー
  12. 測定状況に応じた機能をダイレクトに選択できます。

※その他
長時間の作業にも適した12時間のバッテリー動作時間を実現しています。

 
最大1×128分岐のPONシステム測定に対応

FTTHサービスの多くは、1本の光ファイバ信号を複数に分岐するPONシステムが採用されています。
PONシステムでは、短い区間でもスプリッタの分岐による一回線あたりの光の減衰が大きいことから、スプリッタ後の測定波形はノイズの
影響を受けやすくなります。この場合、障害点の検出や損失測定が困難になります。
1 × 32分岐、1× 64分岐など分岐数の多いPONシステムでは、なおさら測定が困難になります。Wide Rangeモードを搭載した
MT9082A2/MT9082B2では最大1× 64分岐、MT9082C2では最大1× 128分岐のPONシステムを全区間1回の測定で解析できます。
しかも、100nsや500nsの短パルスで測定できるため、光ファイバの短いスプリッタ間の正確な距離や故障も判別できます(下図参照)。

 

img-features02.jpg

 

MT9082B2 Wide Rangeモードにて、PONシステムの下流から測定しています。
パルス幅100ns、測定時間60秒にて。ただし、デッドゾーン性能が標準モードに比べて劣化します。

 

作業者にやさしいさまざまな操作機能

光ファイバの施工・保守時には、損失測定や反射減衰量測定を行います。また、光ファイバの状態を目視でチェックするために
可視光源やファイバスコープを使用します。これらの作業をスムーズに実施するために、MT9082シリーズ アクセスマスタでは作業者にやさしい
さまざまな操作機能を搭載しています。

 

 反射減衰量の測定が容易

コネクタ接続の反射減衰量を測定する場合、反射の立ち上り付 近に1つのマーカを設定するだけで測定できます。
複数のマーカ を設定する必要がありません。

img-features03.jpg

 

 ​​​​​​​光パルス試験と可視光源の同時使用で、作業効率がアップ

光パルス試験を実施しながら、一方で可視光源を使用した心線対照および目視試験を実施できます。
光パルス試験画面上で、ショートカットキーを使用して可視光源を操作できるので、どの画面にいても可視光源を制御できます。

img-features04.jpg

 

 ​​​​​​​​​​​​​​損失測定と反射減衰量測定が容易

損失測定、反射減衰量測定、および距離測定は、複数のマーカを使用します。複数のマーカのうち2つのみ使用すれば、2点間測定として
解析できます。また、接続ポイント付近にカーソルを合わせて自動配置ボタンを押すと、適した位置にマーカが自動配置されます。
接続損失や反射減衰量が確認できます。

img-features05.jpg

 

 ​​​​​​​​​​​​​​ファイバスコープで光コネクタ端面のキズと汚れをチェック

光コネクタ端面のキズや汚れが原因で、大きな反射や損失が生じたり、ときにはコネクタ端面の焼損などの事故につながることがあります。
ファイバスコープ(オプション)をMT9082A2/B2/C2にUSB接続すると、光コネクタ端面の様子がディスプレイ上にリアルタイム表示されます。
伝送系で使われる光コネクタや、測定器の光コネクタチェックにも活躍します。

img-features06.jpg

仕様

MT9082A2/B2/C2 アクセスマスタ

img-shiyo.png

*1:距離レンジに応じて、いずれかの値を自動的に選択します。
*2:バックライトLow、掃引停止時、25 ℃、設計保証
*3:90%以上充電、温度範囲+5~+30 ℃、80%RH、設計保証
*4: オート測定機能は測定を簡単にするための補助機能であり、検出結果を保証するものではありません。
誤検出などがありえますので、測定結果の最終的な合否は、波形データも見たうえで判断してください。
*5:サンプリングモード:標準