読み込み中...

取扱い製品&サービス

ケーブル・アンテナアナライザ  S331E サイトマスター

[メーカー] アンリツ

概要

特長

  • 測定項目:リターンロス、ケーブルロス、DTF、位相
  • 2ポート伝送測定:高/低出力
  • 掃引速度:1ms・データポイント(代表値)
  • ディスプレイ:シングルおよびデュアル測定タッチスクリーン
  • 校正:OSL、InstaCal、FlexCal
  • バイアスティ:32V 内部

※レンタル時,付属品:OSLN50-1(オープン/ショート/ロ-ド):15NNF50-1.5C(テストポートケーブル1.5m)

詳細

img-features01.jpg

 リターンロス、VSWR

サイトマスタを使用してリターンロスとVSWRを測定し、アンテナシステムの規格値との適合性を確認することができます。

 ケーブルロス

ケーブルロス測定は、ケーブル給電システム内の損失を測定します。この測定は、設置前であればケーブルの両端へのアクセスにより検証することができます。さらに平均ケーブルロスも自動的に計算します。

 

 

img-features02.jpg
 ​​​​​​​​​​​​​​障害位置検出

リターンロス測定は、システムの健全性確認における最適な方法です。障害位置検出(DTF)機能は、システムのトラブルシューティングと問題の特定に使用します。

サイトマスタのDTF測定では高速フーリエ変換を使って、周波数データをタイムドメインのデータへと変換し、その結果を距離換算で表示します。一般的なトレース数式を生かして、小さな相対的な変化をモニタすることができます。

 

 

img-features03.jpg

 ​​​​​​​​​​​​​​伝送特性測定機能(オプション0021)

セル方式/PCSおよび3Gベースステーションでは現在、ダイプレクサ、デュープレクサ、およびタワーマウント型アンプを使って、サービスエリアを拡大しています。サイトマスタの伝送特性測定機能では、これらのゲイン、アイソレーション、およびインサーションロスの測定をセクタ間のアイソレーション測定と同様に行うことができます。

 

 

 ​​​​​​​​​​​​​​内蔵バイアスティ(オプション0010)※オプション0021が必要

内蔵バイアスティを必要に応じてオンにして、+12 V~+32 VをポートのRFの中心導体に出力することができるため、外部電源を現場に持っていく必要がありません。

製品イメージ

サイトマスタ、S331E、アンリツimg-features04.jpg

img-features06.jpg

仕様

img-shiyo01.jpg

img-shiyo02.jpg

 

モデル サイトマスターS331E
測定 測定
  • VSWR
  • リターンロス
  • ケーブルロス
  • 障害位置検出(Distance-to-Fault[DTF])リターンロス
  • 障害位置検出(Distance-to-Fault[DTF])VSWR
  • 1ポート位相
  • スミスチャート
設定パラメータ ディスプレイ 独立マーカ付きシングル/デュアルディスプレイ
周波数 スタート/ストップ、信号標準、校正スタート
DTF スタート/ストップ、DTFエイド、単位(m/ft)、ケーブルロス、伝播速度、ケーブル、ウィンドウィング
ウィンドウィング 標準サイドロープ、低サイドロープ、最小サイドロープ
振幅 上限、下限、オートスケール、フルスケール
掃引 ラン/ホールド、シングル/連続、RF耐性(高/低)、データポイント、アベレージング/スムージング、出力パワー(高/低)
データポイント 137,275,551,1102,2204 ポイント
マーカ マーカ 1~6(オン/オフ)、デルタマーカ 1~6(オン/オフ)、最大値/最小値のマーカ、マーカテーブル
トレース 呼び出し、ディスプレイメモリへのコピー、トレース計算なし、トレース±メモリ、トレースオーバーレイ
リミットライン オン/オフ、シングルリミット、マルチセグメント(41)、リミットアラーム、クリア
校正 校正スタート、校正タイプ(標準/FlexCal)
保存/読み込み 設定、測定、Jpeg形式のスクリーンショット(保存のみ)
周波数 周波数範囲 2MHz~4GHz(S331E)
周波数精度 ≤ ±2.5ppm (25℃にて)
周波数分解能 1kHz、(RF 低耐性)
100kHz、(RF 高耐性)
出力パワー 高出力時 0dBm(代表値)
低出力時 -30dBm(代表値)
妨害電波耐性 チャンネル上 +17dBm:キャリア周波数>1.0MHz:
周波数上 10dBm:キャリア周波数±10kHz以内
測定速度 リターンロス ≤ 1.00ms/データポイント(低 RF耐性、代表値)
障害位置測定 ≤ 1.25ms/データポイント(低 RF耐性、代表値)
リターンロス 測定表示範囲 0~60MHz
分解能 0.01dB
VSWR 測定表示範囲 1~65
分解能 0.01
ケーブルロス 測定表示範囲 0~30dB
分解能 0.01dB
障害位置検出 垂直表示範囲リターンロス 0~60MHz
垂直表示範VSWR 1~65
障害分解能(メートル) (1.5×10の8乗×vp)/ΔF(vp=伝播速度係数、ΔFは F2-F1 Hz)
水平範囲(メートル) 0~(データポイント-1)×障害分解能、再々1500mまで(4921 フィート)
1-ポート位相 測定範囲 -180℃~+180℃
分解能 0.01℃
スミスチャート 分解能 0.01
測定確度 補正された指向性 >42dB、OSL校正
>38dB、InstaCal校正