読み込み中...

取扱い製品&サービス

Metageek:Wi-Spy DBx/Chanalyzer5

[メーカー] metageek/メタギーク社

概要

特長

強力なデュアルバンドスペクトル解析

 

 複雑なWi-Fiネットワークのスペクトル分析

ビジネス、教育、ヘルスケア、エンターテイメントをWiFiに依存しています。複雑なネットワーク環境で信頼性の高いWiFiを提供することは困難です。
そのため、Wi-Spy DBx、Chanalyzer + Report Builder、およびデュアルバンド指向性アンテナを含むChanalyzer Essentialを構築しました。

Chanalyzer Essentialには、Wi-Spy DBxが含まれています。これは、2.4 GHz帯域と5 GHz帯域の両方でWiFiおよび非WiFiアクティビティを測定する強力なデュアルバンドスペクトルアナライザーです。 ChanalyzerはWi-Spy DBxの無線周波数データを利用して、WiFiネットワーク環境のリアルタイムの視覚的概要を提供します。

 

Wi-Fiチャンネル(2.4GHz/5GHz)使用帯域の問題点プロモーションビデオ

USBスペクトラムアナライザ解析ソフトウェア:Chanalyzer5 概要

 アプリケーションウィンドウの詳細
  1. ナビゲーション区画:セッションマネージャ区画 - 周波数毎/チャンネル毎の記録の一覧表示:ウオータフォール画面 - 記録単位スペクトラムデータの電波強度の積算値経過時間
    ※この区画を範囲指定することで、下記区画の表示範囲が決定される。
  2. 概要区画:Wi-SPYが現在収集中のデータが表示されます。区画上のツールバーでは、Wi-Fiネットワークのオーバーレイ/干渉探査のための別オプションがあります。
    干渉危険性が高い場合は「赤色」頻度の低い場合は「青色」の範囲でデータ表示します。
  3. 詳細区画:「概要区画」の下部に位置しており、Wi-Fiネットワーク/Wi-Fiチャネルのスペクトルデータを詳細に分析するタブが用意されています。

スペクトラムアナライザ、Wi-Spy、 DBx/Chanalyzer5 

 

タブ操作 サンプル画像

img-features02.png

 セッションナビゲーター(Wi-Spyモード)

Wi-Spyメニューから新しい周波数範囲を選択するたびに、以前のデータは、レコーディングセッションとして保存されます。
アクティブセッションはセッションに現在追加されているデータがあることを意味し、赤い録画アイコンで示されます。
Chanalyzerに表示されるセッションは、アクティブ時、緑色のボックスになります。

 

img-features03.png

 セッションの名前を変更する

様々なポイント表示のため名称変更がが可能です。

より小さな周波数範囲を同定するのに用いることができ、場所を識別するために使用されます。

調査ナビゲートするためにセッションの名前を変更するのに便利です。

 

img-features04.png

 タイムスパンコントロール

概要と詳細ペインに表示される時間の長さを調整します。
無線LANのパフォーマンスが被った時に異常とモーメント上で絞り込むことができます。

再生ボタンはキャプチャを見ながら、再生、一時停止、巻き戻し、早送りするために使用されます。再生コントロールには、ナビゲーションに短い時間スパンを選択するのを助けることができます。

 

表示オプション
 表示オプション

密度表示:複数のビューオプションを持っています。
表示オプションのすべては、オン/オフを切替え可能で、トレース色は、カスタマイズ可能。
トラブルシューティングを効率的にするため、オプションの組合わせを使用ください。

img-features05.png

 

 現在値表示

表示オプションでは、時間範囲内の現在受信された最新の読み取りデータを表します。
デフォルトはリアルタイム表示です。[以前、キャプチャされたデータ(時間スパンの設定を変更していない限り)]

img-features06.png

 

 平均値表示

平均値表示オプション:選択間隔で受信スペクトル活性の平均を表します。
時間間隔が1分である場合、平均ローリング1分で計算されます。

img-features07.png

 

 密度表示

スペクトル全体での、一定のノイズ強調が表示されます。
任意の時点で、どのくらいの時間が、そのポイントを超えているかの範囲内のエネルギーに基づいて色を割り当てます。

すべての活性の50%が振幅点を超えている場合:赤色表示
この表示オプションは、一定の範囲時間内にある、一定の干渉を理解するのに有用です。

img-features09.png

 

 トランスミッタ

自動的に「署名]タブから送信機を特定します。しきい値の設定内で検出された送信機の図面に切り替わります。  

すべての活性の50%が振幅点を超えている場合:赤色表示
この表示オプションは、一定の範囲時間内にある、一定の干渉を理解するのに有用です。

img-features10.png

 

 CleanAirモード

CleanAirAPに接続の場合:干渉デバイスが影響しているチャンネルの周りにオーバーレイを描画します。
興味を持っているデバイス横の「干渉デバイス」タブでチェックボックスをオンにします。

すべての活性の50%が振幅点を超えている場合:赤色表示

img-features11.png

 

 検証

特定の周波数の振幅点に関する具体的な数値を表示し、カーソル上ホバリングボックスを作成します。

img-features12.png

 

 ウオータフォール画面

ビューグラフは、選択したISM帯の周波数ごとの時間振幅を描画します。
振幅レベルを表現するカラースケール:高い振幅は明るい赤色であるが、低レベルでは、ダークブルーです。
コードレス電話/電子レンジなどのワイヤレスデバイスは、スペクトル変更している場合がありインスタンスを強調します。
マイクロ波またはコードレス電話の変更チャネルをオンにした例については、それはウオータフォールビューで非常に顕著に表示されます。

img-features13.png

 

 詳細区画(Wi-Spyモード)

詳細ペイン:Wi-Fiネットワークとそのチャネルについてのより詳細な情報を持つタブが含まれています。
Ctrl + Tabキーを押してタブ間を迅速交互にすることができます。

注:[ラボアクセサリー:オプション品]が[Chanalyzerライセンス]に含まれるか、または追加されている場合[ラボタブ]にのみ使用可能です。

img-features14.png

ネットワークテーブル(Wi-Spyモード)

アプリケーションウィンドウの詳細

ネットワーク表は、お使いのコンピュータのWi-Fiカードの範囲内にあるすべてのWi-Fiアクセスポイントのリストです。
アクセスポイント(AP)の名前(またはSSIDは)信号強度(RSSI)、チャネル、MACアドレスや他の識別子とともに表示されます。 

密度表示またはネットワークのグラフに描かれたネットワークを表示するには、名前の横にあるチェックボックスをクリックします。
エリア内Wi-Fiネットワークのスナップショットを提供し、既知のWi-Fiネットワークへのスペクトルビューで、RFアクティビティを関連付けることができます。

img-features15.gif

 

 ネットワークテーブル

img-features16.png

グループラジオあたりの仮想SSID年代にラジオボタンを選択します。
ネットワークの表にまとめて同じSSIDを持つグループのアクセスポイントへのESSID]ボタンを選択します。
各グループは、ネットワークテーブルの1つの行の項目で表されます。

 

ESSIDとラジオグループ
 ESSIDのグループ化

ESSIDは通常、建物やキャンパス全体に広がって同じSSIDを持つユニークなアクセスポイントのグループを指します。

ネットワークの表にまとめて同じSSIDを持つグループのアクセスポイントへのESSID]ボタンを選択します。 

各グループは、ネットワークテーブルの1つの行の項目で表されます。

img-features17.png

 

 ​​​​​​​ESSIDグループ

ESSID列の各行には、同じSSIDを持つアクセスポイントのグループです。

チャネル·テーブルは、ESSが占めるチャネルを示し、BSSID数欄は、グループ内のSSIDの数が表示されます。

注:ESSグループは、2.4GHzおよび5 GHz両方のSSIDを含めることができます。

img-features18.png

 

 ​​​​​​​​​​​​​​ラジオ(Radio)のグループ化

A ラジオは、そのような「MetaGeek-開発者」と「MetaGeek-操作」と同じアクセスポイント上の仮想SSIDグループ、の基を指します。

無線MAC列の各ラインは、同じアクセスポイントにSSIDグループを表します。

各仮想SSIDが固有のMACアドレスを必要とするので、無線のMACアドレスの末尾のxは、それらを区別するために、インクリメントされるMACのニブル(単一文字)を示します。

注:2.4および5 GHz無線は、ペアで選択されています。
2.4GHz帯の無線を選択した場合は、一致する5 GHz無線は自動的に選択(またはその逆 ) されます 。

img-features19.png

 

 ​​​​​​​​​​​​​​密度ビュー内のネットワークグラフ

ラジオによってグループが選択されると、密度ビュー内のネットワークグラフは、MACアドレスが付されています。

img-features20.png

 

ネットワークテーブルのフィルター
 ​​​​​​​​​​​​​​フィルタオプション

残りのフィルタオプションには、アドホックまたはインフラストラクチャネットワークのいずれかを示し、またはSSIDの特定のセキュリティ設定を除外します。フィルタを削除するには、適用されるフィルタに、xが[次へ]をクリックします。

img-features21.png

 

ネットワークグラフ
 ​​​​​​​​​​​​​​ネットワークテーブル

ネットワークテーブルで選択した行を描く:ネットワークのグラフをクリックし、時間をかけて信号強度を表示します。
信号強度の雫は、劣悪な信号カバレッジを示し、干渉が責任があるかどうかを判断するために滝と密度のビューに対して参照することができます。

注:このデータは、ワイヤレスネットワークカードとしないのWi-Spyから来ています。

img-features22.png

 

 ​​​​​​​​​​​​​​チャンネル表

ネットワークテーブルで選択した行を描く:ネットワークのグラフをクリックし、時間をかけて信号強度を表示します。

信号強度の雫は、劣悪な信号カバレッジを示し、干渉が責任があるかどうかを判断するために滝と密度のビューに対して参照することができます

注:このデータは、ワイヤレスネットワークカードとしないのWi-Spyから来ています。

img-features23.png

 

しきい値の設定
  • Chanalyzerは密度ビューで送信機を識別する速度を調整するためのしきい値設定として動作する、2個のスライダがあります。
  • しきい値を下げることで、頻繁に低い信頼水準を特定します。
  • 個別に、グループとして調整することができます。
  • マスターしきい値スライダーは、濃度ビューで描画される方法を頻繁に変更することが可能です。

img-features24.png

 

 ​​​​​​​​​​​​​​無効に分類

分類は、干渉ボタンをクリックて密度ビューの上に表示オプションとしてオフにすることができます。
個別に[署名タブ]内の各デバイスはまた、分類される可能デバイスとしてそれを有効または無効、確認することができます。

 ​​​​​​​​​​​​​​分類を削除する

img-features25.png

[署名タブ]から分類を削除するには、ごみを分類器の右上にあるアイコンになります。

 

 ​​​​​​​​​​​​​​新しい干渉源識別子を作成

img-features26.pngimg-features27.png

  1. 分類器を作成したいデバイスの周波数範囲を強調表示します。
  2. ほとんどのデバイスを表す形状を見つけるための時間枠を調整します。
  3. コンテキストメニューに分類器を作成 ]をクリックします。
  4. 分類器にカテゴリを割り当てると、名前を付けます。
  5. 識別のためのシルエットを使用して、[ 署名 ] タブで分類器をクリックし、密度の表示の上にマウスを移動。
  6. [署名]タブで再びボックスをクリックしてシルエットをオフにします。

 

スペクトラムアナライザ解析ソフトウェアChanalyzer5

 無線LANの電波を視覚化
  • 無線APのトラブルシューティング、RFスペクトラムデータ分析をインタラクティブチャートやグラフ化することで、影響/干渉を解析ください。
  • Wi-Fi、非Wi-Fi干渉源の特定で障害解析にご利用ください。

img-features28.jpg